日本とフランス 「官僚国家」の戦後史

大嶽秀夫(著)

1,221円(税込)
1%獲得

12pt(1%)内訳を見る

    日本とフランスは先進国の中でも、左右のイデオロギー対立が極めて長く続いたという共通性を持つ。また共に強固な「官僚国家」であり、エリート主導によって経済成長を達成した点も同じだ。本書は、両国の政治過程とイデオロギー対立の変遷をパラレルに追いながら、グローバリズムの隆盛と左派の没落、エリート主義と大衆主義の相克といった戦後の政治潮流を考察する。二つの「官僚国家」の70年の軌跡から民主制の未来を見据える試み。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード