NHK「100分de名著」ブックス 良寛詩歌集 「どん底目線」で生きる

中野東禅(著)

880円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

    子どもたちと手まりをついて遊ぶお坊さん――として、今なお多くの日本人から愛され続けている良寛。どん底の立場から世の中を見据えた清貧な乞食僧は、漢詩と和歌を愛し、亡くなる直前まで「こころの言語化」という精神活動を深めた表現者でもあった。厳しい競争と経済至上の社会のなかで「自分」というものを見失いがちな今日、みずからの姿でもって「人間の座標軸」を示そうとした良寛の生きざまを見る。[内容]はじめに 「どん底目線」と「徹底した言語化」第1章 ありのままの自己を見つめて第2章 清貧に生きる第3章 「人」や「自然」と心を通わす第4章 「老い」と「死」に向き合うブックス特別章 良寛さんの仏教理解

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード