人生で大切なことは、すべて「書店」で買える。

千田琢哉

972円(税込)
ポイント 9pt

通常ポイント:9pt

残業するより、書店に足を運んだほうが給料は増える!『死ぬまで仕事に困らないために20代で出逢っておきたい100の言葉』など、数々の自己啓発書でヒットを連発している千田琢哉氏。実は千田氏は、高校時代まで漫画以外の本を読んだことがありませんでした。ふとしたきっかけからビジネス書にハマり、大学4年間にアルバイトなどで稼いだ1000万円を1万冊の読破に注ぎ込みました。その後、頭角をあらわし、日本屈指のトップコンサルタントとして活躍したのち、現在は「お金と時間に縛られずに好きなことをやれる」人生を切り拓いたのです。 本書は、そんな著者による20代30代へ向けた、「本」「書店」を軸にした自己啓発書。「同じテーマで好き・嫌い・初めての著者の3冊を買う」「20代のうちに30代、40代向けの本を読む」など、「多読&行動」を方法論にした独自の読書術と自己投資のポイントが、具体的なアクションプランとともに実践しやすくまとめられています。 また、「残業するより書店に足を運んだほうが給料は増える」「本を読み続けると付き合う人のランクが上がる」など、若いビジネスパーソンの読書へのモチベーションを高める言葉も満載。昨今増えている「人生がつらい」と感じている人、人生の指針を求めている人に、おすすめしたい一冊です。

続きを読む

レビュー

レビューはありません。

レビュー投稿

セーフモード