【最新刊】屈折する星屑

屈折する星屑

江波 光則

737円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    太陽系のどこかに浮かぶ廃棄予定の円柱型コロニーには、いまだ一定数の住人が暮らしていた。ヘイウッドとキャットもここで生まれ育ち、唯一の愉しみ――ホバーバイクで人工太陽に衝突寸前まで接近する度胸試し――を繰り返している。将来の展望も生産性もないまま、流されて生きる鬱屈した毎日。だが火星から戦争を嫌って亡命してきた元軍人ジャクリーンとの出会いから、ヘイウッドはどう生きていくのかを模索し始める。

    続きを読む
    提供開始日
    2017/04/30
    出版社
    早川書房
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    • 屈折する星屑2020/06/16Posted by ブクログ

      面白かった。生きる意味を見出せない(モラトリアム)気分とか、よく解るし。
      最愛の女を失って七転八倒しているさまも、よく解るし。
      その先に何を求めるのか。”絶望の先に、それでも求めるならば”

    • 屈折する星屑2018/06/30Posted by ブクログ

      スケールの大きな話で描かれるのは個々の思い。緊迫感のある状況ながらシニカルに諦観が前面に出ている作品でした。 廃棄予定のコロニーを舞台に主人公は人工太陽に衝突寸前まで突っ込むチキンレースに興じていた。...

      続きを読む

    セーフモード