世界樹の高みに吹く風

無料

関谷俊博

0円(税込)

この作品はブラウザでは読めません。アプリでお楽しみください

購入へ進む

カゴに追加

    ケアマネージャーの速水は、日々、死期の迫った老人たちのケアプランを作成していた。行きつけのバーで佐伯という男と知り合い、生命のこと、樹木崇拝のことなど、いつも浮世離れした話をしていた。「縄文杉を見に行きませんか」。佐伯の誘いで屋久島に行った速水が見たものとは。生命とは何か、人間とは何かについて、穏やかな筆致で描かれた作品。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード