悪意のセキュリティ(下巻)

著:黒川文

550円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

    新築住宅の庭に古い墓の土砂が混ざっていたのだろう……。怪奇現象のあった家の庭にあった小石を鑑定すると、「麻谷佳子之墓」の文字が浮かびあがる。一方、朋香の家の怪奇現象は、セキュリティ・システムのウイルスが原因かと思い、プログラムを調べると、そこには「アサタニヨシオ」の名前が刻まれていた。咲子たちが調べていくうちに、過去の因縁が明らかになっていく。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード