【最新刊】精神科ナースになったわけ

精神科ナースになったわけ

1冊

水谷緑

990円(税込)
1%獲得

9pt(1%)内訳を見る

普通のOLだった主人公が、母親の病死による悲しみのせいで、心のコントロールが利かなくなり、通勤中に横入りの男に無意識に肘鉄をくらわしトラブルに。完全に平常心を失っていた自分に驚き、こうも簡単に壊れてしまう「人の心」興味を持つように。そして仕事を辞め、看護師の資格を取り、「精神科」で働くことを決意。しかし身体のケガや病気のように目で見て明らかではない精神の病を抱える患者たちとの日々は想像以上に大変で忍耐力のいることだった。──私がそうだったように、誰だって平常心でいられない時もある。”おかしい”と”おかしくない”の境界線はいったいどこにあるのか。──実際の病院、看護師さんへの取材に基づき描く、初の精神科ナースコミックエッセイ。

続きを読む
ページ数
163ページ
提供開始日
2017/04/27
連載誌/レーベル
コミックエッセイの森
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

4
11
5
4
4
5
3
1
2
1
1
0
レビュー投稿
  • 2019/08/23Posted by ブクログ

    最近気づくと精神科や看護に関する本を手に取っている。柔らかな絵柄だけれど内容はハードな部分もあって、とても読み応えがあった。切なくなったり悲しくなったり、ちょっと嬉しくなったり、いろんな色を持っている...

    続きを読む
  • 2019/07/12Posted by ブクログ

    https://library.tenshi.ac.jp/opac/volume/157127

    ★患者さんのふしぎな行動。実は理由がありました。
    精神科の病院に入院・通院している患者さんは、
    一見す...

    続きを読む
  • 2018/11/21Posted by ブクログ

    私の中にもオカシイところはある。オカシイと普通の境目ってどこだろうとか、狂えたらラクなのかもとか思ったこともある。
    そんな疑問の世界を少し垣間見したような気持ちです。

開く

セーフモード