署名はカリガリ―大正時代の映画と前衛主義―

四方田犬彦

2,112円(税込)
1%獲得

21pt(1%)内訳を見る

    みずから進んで映画評を執筆した谷崎潤一郎。日本最初の表現派映画を試みた大泉黒石と溝口健二。新感覚派の小説家たちの協力を得て、前代未聞の前衛映画『狂つた一頁』を製作した衣笠貞之助――精神病院を舞台に、狂人の妄想をグロテスクに描き出した『カリガリ博士』が日本の芸術家たちに与えた衝撃を精緻にたどる評論集。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード