首折り男のための協奏曲(新潮文庫)

伊坂幸太郎

737円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    被害者は一瞬で首を捻られ、殺された。殺し屋の名は、首折り男。テレビ番組の報道を見て、隣人の“彼”が犯人ではないか、と疑う老夫婦。いじめに遭う中学生は“彼”に助けられ、幹事が欠席した合コンの席では首折り殺人が話題に上る。一方で、泥棒・黒澤は恋路の調査に盗みの依頼と大忙し。二人の男を軸に物語は絡み、繋がり、やがて驚きへと至る! 伊坂幸太郎の神髄、ここにあり。

    続きを読む

    レビュー

    • 2016/12/04Posted by ブクログ

      7編を収録した短編集。楽しませてもらいました。

      先にネタバレ的な話を書くと、それぞれが、もともと独立した短編だったものを、短編集としてまとめるにあたって加筆修正し、あたかも関連づいているような体裁を...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2017/11/19Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2017/01/01Posted by ブクログ

      首折男や探偵兼泥棒の黒澤が出てくる伊坂ワールド全開の物語。 短編集だが伊坂さんらしく各話が微妙に繋がっていたり、かといって繋がりすぎてなくて。 クスッとする会話やオッと驚くオチがある。

      人間らしく:...

      続きを読む
    開く

    セーフモード