JAZZ VOCAL COLLECTION TEXT ONLY 19 ビング・クロスビー

後藤雅洋(監修)/サライ編集部(責任編集)

220円(税込)
1%獲得

2pt(1%)内訳を見る

    ※この「JAZZ VOCAL COLLECTION TEXT ONLY」は、小学館の隔週刊CDつきムック「JAZZ VOCAL COLLECTION」から、音源をすでにお持ちの方向けにブックレットのテキストとジャケット写真だけを抽出して電子書籍化したものです。囁きの魔術“クルーナー唱法”革命。 アメリカを代表するエンターテイナー、ビング・クロスビー。1920年代、マイクロフォンという新しい「表現装置」を駆使した、ビングの囁くような歌声は“クルーナー”と呼ばれ、ジャズのみならずヴォーカル界を一変させる革命を起こしました。その声は全ヴォーカル・ファン必聴といえるものです。 (1)枯葉(2)薔薇色の人生(3)ビギン・ザ・ビギン(4)ナイト・アンド・デイ(5)モナ・リザ(6)ティー・フォー・トゥー(7)いとしのクレメンタイン(8)ダニー・ボーイ(9)世界一周(10)スターダスト 【ご注意】※この作品にミュージックデータは含まれません。※お使いの端末によっては読みづらい場合がございます。お手持ちの端末で立読みファイルをご確認いただくことをお勧めいたします。※この作品はカラー写真が含まれます。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード