恐怖の作法

小中千昭

2,750円(税込)
1%獲得

27pt(1%)内訳を見る

    ホラー映画やアニメの第一線で活躍してきた著者が、小説や映像など様々な形で人を惹きつけ続ける「ホラー」つまり「怖い物語」がどのように作られるかを論じ、技術を伝授する実践的な一冊。人はなぜ、ホラー映画で怖がろうとするのか。ホラー映画を数多く執筆した脚本家によって書かれた、恐怖の探求。ホラー映画を作りたい人、より怖いホラー映画を見たい人に送る本。Jホラーのイディオロギーとなった「小中理論」を再度論じ、新たに「小中理論2.0」も書き下ろされている。ホラー映画に留まらず、恐怖について様々なアスペクトから解析を試み、そこにあるシステムを詳らかにしようとする「恐怖のテキスト」。金子國義画伯の装画を得て、ついに刊行。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード