経済で読み解く 明治維新 ~江戸の発展と維新成功の謎を「経済の掟」で解明する~

著:上念司

976円(税込)
1%獲得

9pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「明治維新」とはいったい何だったのか?“経済の掟”で「維新成功」の謎を解く!江戸時代の日本は“世界最強”の「資本主義」の国だった! !“世界史の奇跡”と言われる、「明治維新」とは何か?なぜ「江戸幕府」は“倒産”したのか?江戸幕府のマクロ経済政策から、百姓のビジネスモデルまで、維新前史を“経済的視点”で描く―。「経済」がわかれば、「日本」がわかる!日本近現代最大の謎に挑む、著者渾身の書下ろし! !■ 歴史教科書には矛盾が満載!■ “経済の掟”がわかる人、わからない人■ 維新の成功は「江戸時代の蓄積」があったから■ 信長、秀吉の遺産を相続した家康■ 荻原重秀が理解していた「貨幣の本質」とは?■ 耳障りの良い思想「貴穀賤金」■ 坂本龍馬もパクった「海商」のビジネスモデル■ 新通貨「円」の登場! 他

    続きを読む

    レビュー

    3.9
    13
    5
    5
    4
    4
    3
    3
    2
    0
    1
    1
    レビュー投稿
    • 2018/05/23Posted by ブクログ

      やっぱりおもろい江戸時代。停滞なんてイメージがひっくり返る。江戸時代は僕らが思ってるより豊かで先進的で活気に溢れてるんじゃないか。経済を切り口に豊かに江戸時代を描いてくれます。この感動、菜の花の沖と独...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2018/05/19Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2018/04/11Posted by ブクログ

      明治維新とタイトルにはついているけど、著者もあとがきで謝っているように中身の9割は江戸時代w

      教科書で習う歴史とは全く別の視点。
      歴史の分岐点には常に経済的な理由も存在していたってのを、現在の経済学...

      続きを読む
    開く

    セーフモード