仮想通貨とブロックチェーン

著:木ノ内敏久

990円(税込)
1%獲得

9pt(1%)内訳を見る

    仕組みは? これまでのお金と何が違う? これからどうなるの?注目の新技術、その全体像をコンパクトに解説!◆ 新聞や雑誌でよく目にする仮想通貨とブロックチェーン。これまで日本の金融機関は「様子見」でしたが、世界中で新たな法律・金融インフラの実験が開始され、フィンテックの中核技術として注目を集めています。いよいよ実用段階に入った新技術を、わかりやすく説明しました。◆ 複雑でわかりづらい仮想通貨とブロックチェーンのしくみ。その概要を金融やテクノロジーになじみのない読者にも理解できるよう、かみくだいて紹介しています。なぜ注目を集めているのか、従来の決済のしくみとどう違うのかといった基礎知識から、さまざまな業界での応用の可能性、規制や制度とのかかわりなど、この1冊でひととおり理解できます。◆ 動きの速いこの分野を、最前線の専門記者がいち早くキャッチアップ。 最新の法改正や、先進企業の実例なども交えつつ語ります。

    続きを読む

    レビュー

    3.6
    10
    5
    0
    4
    7
    3
    2
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • ネタバレ
      2018/10/10Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2018/06/17Posted by ブクログ

       仮想通貨をビットコインを皮切りに紹介する。

       仮想通貨は国家などのバックを持たない通貨であり、その自由さが魅力だが、通貨としての信用が生じるには何らかの工夫が必要である。そして自由というのはデメリ...

      続きを読む
    • 2018/01/27Posted by ブクログ

      仮想通貨のシステムに始まり、代表であるビットコインの誕生から普及に至る経緯、仮想通貨と類似概念の法的位置づけ、更にブロックチェーンを使った土地所有や契約の管理といった可能性にも立ち入る。後半の、ビット...

      続きを読む
    開く

    セーフモード