【最新刊】勝つために戦え! 監督稼業めった斬り

勝つために戦え! 監督稼業めった斬り

1冊

著:押井守

864円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

    映画監督にとって、勝利条件とは何なのか? またそのための戦略とは。鬼才・押井守が映画、アニメ界の名匠&巨匠の勝敗論を一気に読み解く! ヒットメイカー・宮崎駿監督は、はたして幸せなのか。『アバター』のJ・キャメロン監督が目指したものは? 毒舌交じりに綴られる映画論&人物論は、痛快無比! 映画、アニメ論にとどまらない、人生の勝敗論がここにある!

    続きを読む
    提供開始日
    2017/04/29
    出版社
    徳間書店
    ジャンル
    趣味・実用

    レビュー

    4
    2
    5
    0
    4
    2
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/06/10Posted by ブクログ

      押井守が監督業の観点から古今東西の監督をメッタ切り。
      今となって読めば相当外しておりますが、押井守自体の背骨がしっかりしてるので、あまり気にならない。

    • 2016/02/19Posted by ブクログ

       勝負の判断が今一つ理解できていないが、なんとなく言わんとするところはわかったような、わからんような、と不思議な感覚に陥った。映画について知識や見た記憶があまりないからかもしれない。ヒッチコックは自分...

      続きを読む
    • 2015/06/14Posted by ブクログ

      映画監督の異常な様相,とでもいうのか,自分自身の世界に対する立ち位置の模索とそれに対する苦悩とを精神的にどう折り合いを付けるか,その人の性格に最後は帰着する気がする.少なくとも日本の場合,アニメーショ...

      続きを読む

    セーフモード