2年A組探偵局 殺しの交換日記

著者:宗田理

704円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

    2A探偵局のあるイタリア・レストラン、フィレンツェの椅子の上に置き忘れてあった1冊の交換日記。書いているのはマサオとノリコ。その日記には同級生を始業式の日に殺害するとかかれてあった。マサオとノリコとは誰なのか? 有季と貢は必死で捜査をするが、正体ははっきりしない。始業式を前に焦る二人だが……。中学生探偵が大活躍するスリルと謎に満ちた学園サスペンス。

    続きを読む

    レビュー

    4
    1
    5
    0
    4
    1
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • ネタバレ
      2015/03/26Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2009/10/08Posted by ブクログ

      中学生の頃に宗田理さんの小説にハマるきっかけとなった本。
      ぼくらシリーズも好きなのですが、2年A組シリーズの方が好きかなぁ。

      めちゃくちゃライトな推理本で、やはり今読み返すと謎に物足りない感はあるの...

      続きを読む

    セーフモード