【完結済み】忍びの国 1巻

忍びの国

無料あり完結

原作:和田竜 作画:坂ノ睦

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

▼第1話~第4話 ●主な登場人物/無門(「その腕、絶人の域」と詠われる伊賀最強の忍び)、下山平兵衛(伊賀地侍・下山家の長男。無門に弟を殺される) ●あらすじ/天正4(1576)年、戦国期。小国ながら大名どころか盟主すらいない伊賀国は、66もの地侍の小競り合いが絶えない。そんな地侍のひとつ・下山家の砦に、あるとき別の地侍・百地家の軍勢が攻め込んできた。そして、しばらく互角の戦が続いていたが、百地家のたった1人の忍びによって城門を破られてしまう。下山家の長男・平兵衛は、無駄な戦で血が流されることに、ずっと心を痛めていたが…(第1話)。 ●本巻の特徴/舞台は乱世の小国・伊賀。銭のために平兵衛の弟を斬殺した無門。実の息子を殺されても何も感じない平兵衛の父。“人の心”が欠けたこの国に絶望した平兵衛は…? 今、最も注目される小説家『のぼうの城』の和田竜原作小説を、気鋭の新人・坂ノ睦が完全漫画化した話題作、待望の第1巻! ●その他の登場人物/百地三太夫(伊賀地侍。伊賀のリーダー的存在で、無門の主)、木猿・文吾(無門と同じく百地家に仕える下人たち)、下山甲斐(伊賀地侍。平兵衛の父親。十二家評定衆のひとり)、北畠[織田]信雄(信長の次男。伊勢を治めていた北畠具教の養子だが、義父を暗殺し伊勢を手中にする)、日置大膳(信雄の家臣。信長にして「強弓を操る天下一の武者」と言わしめる)、長野左京亮(信雄の家臣。大膳の親友であり、大太刀使い)、柘植三郎左衛門(信雄の家臣。伊賀者で棒手裏剣を操る)、お国(安芸の侍大将・杉原将監の娘。類い希なる美女)

続きを読む
ページ数
193ページ
提供開始日
2017/04/28
連載誌/レーベル
ゲッサン
出版社
小学館
ジャンル
青年マンガ
  • 忍びの国 全 5 巻

    未購入の巻をまとめて購入

    忍びの国 全 5 巻

    2,310円(税込)
    23pt獲得

レビュー

  • 2013/10/06Posted by ブクログ

    原作を読む必要を感じないくらい、よい出来の作画です。
    原作未読ですが。
    作風がこのトンデモ忍者活劇にがっちりハマっていて、とにかく無門が魅力的。惚れます。
    作者のオリジナル作品も読んでみようかな。

  • 2013/10/05Posted by ブクログ

    2巻まで読了。
    人とも獣とも妖かともつかぬ、戦闘ジャンキー『伊賀忍』。
    この外連味、悪辣さ、かなり愉しめました。
    ゆらゆらと燃え立つような殺気を放つ無門のキメ絵が素敵です。
    原作も読もうかなぁ。

  • ネタバレ
    2013/07/04Posted by ブクログ

    この内容にはネタバレが含まれています
開く
[{"item_id":"A001740174","price":"undefined"}]

セーフモード