舞妓さんちのまかないさん 1巻

小山愛子

660円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

ここは京都のど真ん中にある花街。舞妓さんたちが深夜、お仕事を終えたあと帰ってきて、共同生活を送っているのは、「屋形」と呼ばれるおうちです。とある屋形で「まかないさん」として舞妓さんたちに毎日の食事を作っているのは、なんと弱冠16歳の少女・キヨ。彼女がまかないさんになったのには、ある意外な理由があって――。華やかな花街の舞台裏、普通の日のごはんを通して、温かな人間模様が描かれます。

続きを読む
  • 舞妓さんちのまかないさん 全 14 巻

    未購入の巻をまとめて購入

    舞妓さんちのまかないさん 全 14 巻

    9,240円(税込)
    92pt獲得
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

  • 2019/10/17Posted by ブクログ

    ご飯作るマンガは、好きでよく読む。
    このマンガの前の作品はヨコハマのカフェーの話。会話が少なかったんだけど、今作品はどんどん構成が上手くなるなあ。背景とかも、細かいし。
    値段的にも推しマンガです。

  • 2017/07/04Posted by ブクログ

    偶然見つけた漫画です。作者の方は全く知らなかったのですが、ほんわか系の漫画で良かったと
    思いました。料理はそれほど見劣りはしませんでした。絵がかわいいのでよし、です。

  • 2018/12/17Posted by ブクログ

    基本、線だけで表現される京都のまちがすごく艶やかで好き。

    ご飯もどれも美味しそう。1話で紹介されてるプリンパン、読んですぐに試してみました

開く
[{"item_id":"A001740171","price":"660"}]

セーフモード