中公DD 英語一強時代、日本語は生き残るか

水村美苗 著/会田弘継 著/宇野重規 著/三上喜貴 著/隅田英一郎 著/内田麻理香 著/ロバート・キャンベル 著/ハロルド・メイ 著/楊逸 著/ボビー・オロゴン 著/春香クリスティーン 著

305円(税込)
1%獲得

3pt(1%)内訳を見る

    水村美苗氏(作家)インタビュー「言語の植民地化に日本ほど無自覚な国はない」、会田弘継青山学院大学教授・宇野重規東京大学教授による対談「“ポスト真実”時代の言語と政治」、三上喜貴長岡技術科学大学教授による「データが示す世界の中の日本語」、情報通信研究機構(NICT)フェローの隅田英一郎氏とサイエンスライター内田麻理香氏による対談「-自動翻訳が拓く未来-英語を勉強しなくてもいい時代がやってくる?」、ロバートキャンベル氏(国文学研究資料館長)による「日本語を学習するとどんなメリットがあるのか」など、さまざまな角度から日本語の未来を考察。また、ハロルド・メイ氏(タカラトミー社長)、楊逸氏(作家)、ボビー・オロゴン氏(タレント)、春香クリスティーン氏(タレント)によるコラム「複眼で視る日本語」も掲載。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード