終活 理想の最期を求めて

中央公論編集部 編

305円(税込)
1%獲得

3pt(1%)内訳を見る

    超高齢化社会の最期の迎え方とは。上野千鶴子、橋本治、結城康博(淑徳大学教授。社会保障論・社会福祉学)ほか各分野の専門家(弁護士・赤沼康弘、介護・医療ジャーナリスト・長岡美代)の各氏が、今何が必要かを説く。2016年7月に他界した永六輔さんの在宅看護を担当した看護師・村松静子さんと永さんの次女・麻里さんの対談も収録。 0ページ

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード