【最新刊】中公DD 脱・コロナ恐慌

中央公論 Digital Digest

中西宏明 著/神津里季生 著/小峰隆夫 著/玄田有史 著/森喜朗 著/二宮清純 著/田嶋幸三 著/鈴木一人 著/細谷雄一 著/詫摩佳代 著/渡辺靖 著/佐藤優 著/飯島渉 著/ヤマザキマリ 著

550円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    新型コロナウイルスの感染拡大によって、世界大恐慌以来最悪の景気後退が予測されている。迫り来る「コロナ恐慌」を、日本はいかにして乗り切るのか?そして、「コロナ後」の世界秩序はどうなるのか?(『中央公論』2020年6月号特集の電子化)<日本の選択>●経団連会長のグローバル危機克服策経営者は「変化はチャンス」の発想を中西宏明●連合会長、あいまいな政府の対応にもの申す一過性に終わらないセーフティネットを急げ神津里季生●日本経済を襲うコロナショック需要、供給、所得を止める未曽有の複合危機小峰隆夫●労働経済学×希望学×危機対応学からのヒント異常と変化に対応しうる「働き方」へ玄田有史●五輪に「ワンチーム」は可能か?安倍さん、小池さん、山下さん、そしてバッハ会長のこと森 喜朗聞き手 二宮清純●JFA会長の闘病、生還、そして今後私もサッカーも五輪もコロナに負けない!田嶋幸三<世界の変容>●【鼎談】パックス・アメリカーナの終焉が来る?アフターコロナの地政学鈴木一人×細谷雄一×詫摩佳代●トランプvs.バイデン 異例の「戦時」大統領選挙渡辺 靖●ポスト・コロナの世界を予見する国内の行政権が強まりグローバリズムは後退する佐藤 優●「疫病史観」による中国の一〇〇年と新型肺炎飯島 渉●感染拡大するイタリア その医療体制と国民性日伊 国際電話で交わした夫婦の議論ヤマザキマリ

    続きを読む
    ページ数
    94ページ
    提供開始日
    2020/05/15
    連載誌/レーベル
    中央公論 Digital Digest
    • 中央公論 Digital Digest 全 96 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      中央公論 Digital Digest 全 96 巻

      27,858円(税込)
      278pt獲得

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    レビューを投稿する

    セーフモード