生物はウイルスが進化させた 巨大ウイルスが語る新たな生命像

武村政春

1,078円(税込)
1%獲得

10pt(1%)内訳を見る

    数十億年前、いま最も注目を集めるあるウイルスの祖先が誕生した。ヒトや細菌とは遺伝的系統を異にする彼らが、私たちの〈共通祖先〉に感染し、生物の発展・繁栄に不可欠なDNAや細胞核をもたらした!? そして、その子孫たる「巨大ウイルス」が明らかにする、生命と進化の知られざるからくりとは? 日本初の巨大ウイルス=トーキョーウイルスの発見者が語る、生物進化のアナザーヒストリー。

    続きを読む

    レビュー

    3.8
    6
    5
    2
    4
    2
    3
    1
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/06/30Posted by ブクログ

      生物の細胞核の起源がウイルスにあるとする主説は、門外漢の自分にとってはさほど違和感なく受け入れられた。
      『巨大ウイルスとは何か』から初学者向けに語られる細胞学も、わかりにくい部分もなくはないが、主説に...

      続きを読む
    • 2019/02/23Posted by ブクログ

      ウイルスについてはまだまだ未知のことが多いようである。
      細胞内共生説についても、今後見識が変化するかも。
      最新の科学を紹介しながら読み物として面白かったです。

    • ネタバレ
      2018/10/21Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く

    セーフモード