双調平家物語ノート (2) 院政の日本人

橋本治

1,870円(税込)
1%獲得

18pt(1%)内訳を見る

    日本歴史の転換点には「院政」が現れる! 欲望を表明しうる唯一の人・上皇が布く院政という体制と、その上皇の欲望こそが鎌倉時代を導き出す。系図と年表付きで、歴史の大きなうねりを橋本節で検証する。

    続きを読む

    レビュー

    4.6
    3
    5
    2
    4
    1
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/03/23Posted by ブクログ

       ここまで読んでくると、社会に対する橋本的時間概念んがどのように構築されてきたのか、橋本版双調平家が、なぜ、明日香以来の古代史から平安時代にいたる王朝交代について、延々と記述されているのか、納得できる...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2014/05/16Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2010/03/22Posted by ブクログ

      とても面白い!
      今まで分からなかったところが良く分かる!

      ただ、
      最後まで読んでも別にためにはならない!!
      でも最高に面白いです。

    セーフモード