監殺 警務部警務課SG班 (角川ebook)

著者:古野まほろ

1,430円(税込)
1%獲得

14pt(1%)内訳を見る

    警察の警察――監察。不祥事の続く静川県警警務課内に設置された監察組織SG班は、ある警察官の自殺について調査を始めるが、そこには警察内に巣喰う魑魅魍魎たちの陰謀が!? 今、SG班の懲戒暗殺が始まる!※本書は、2015年10月1日に配信を開始した単行本「監殺 警務部警務課SG班」をレーベル変更した作品です。(内容に変更はありませんのでご注意ください)

    続きを読む

    レビュー

    3.4
    7
    5
    1
    4
    1
    3
    5
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2017/11/16Posted by ブクログ

      不祥事を起こした警官を警官が暗殺処刑する、現代版必殺仕事人的な話。
      そんなにたくさんこの作家さんの作品を読んでいる訳ではないけど、今までの作品はいろいろな事件を視点を切り替えながら、話を進めて行くイメ...

      続きを読む
    • 2017/10/29Posted by ブクログ

      「監察」でなく「監殺」、祥事でガタガタになった県警を立て直すために動く警察版必殺仕置き人達が主人公で、悪辣なパワハラや不正を働く出世の亡者達へ鉄槌がメインストーリー。パワハラまでが相変わらずのディティ...

      続きを読む
    • 2016/07/03Posted by ブクログ

      SG班と称されるグループが県警内にはびこる不正組織を壊滅する痛快な物語だが,それにしてもグループメンバーのキャラクターが素晴らしい.中村,秦野,漆間,後藤田,國松の5名が,徹底ないじめでうつ病にされた...

      続きを読む
    開く

    セーフモード