【最新刊】監殺 警務部警務課SG班 (角川ebook)

警務部警務課SG班

著者:古野まほろ

1,430円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    警察の警察――監察。不祥事の続く静川県警警務課内に設置された監察組織SG班は、ある警察官の自殺について調査を始めるが、そこには警察内に巣喰う魑魅魍魎たちの陰謀が!? 今、SG班の懲戒暗殺が始まる!※本書は、2015年10月1日に配信を開始した単行本「監殺 警務部警務課SG班」をレーベル変更した作品です。(内容に変更はありませんのでご注意ください)

    続きを読む
    提供開始日
    2017/05/02
    連載誌/レーベル
    角川ebook
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    • 2020/06/24Posted by ブクログ

      SG班と称されるグループが県警内にはびこる不正組織を壊滅する痛快な物語だが,それにしてもグループメンバーのキャラクターが素晴らしい.中村,秦野,漆間,後藤田,國松の5名が,徹底ないじめでうつ病にされた...

      続きを読む
    • 2020/06/24Posted by ブクログ

      著者のエンターテイメントイズムは毎度出し惜しみないが、今回は構成から人物相関、起承転結まで見事に定形をはめていて、それが成立していることが一つのエンターテイメントになっていると思う。
      現代日本の社会問...

      続きを読む
    • 2020/06/24Posted by ブクログ

      いつもの様な過剰なまでのロジックはなりを潜め、どこか詰め将棋を彷彿とさせるような展開で、悪を懲らしめるエンターテイメントといった印象です。
      相変わらず、序盤は状況を把握するのに若干苦労はしますが、そこ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード