吉祥寺よろず怪事請負処 さまよいの街

著者:結城光流

660円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    あやかしに好かれやすい体質の大学生・保。お盆の時期だけに、いつもよりさらにおかしな事件に巻き込まれることが多くて……!? 兄のような存在の凄腕陰陽師・啓介は保を救えるのか!? シリーズ第4弾!

    続きを読む

    レビュー

    5
    2
    5
    2
    4
    0
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/11/11Posted by ブクログ

      日本茶が飲みたくなる話です。
      本編の主題と少しずれますが、お茶を淹れる極意と子育てとは似ているのかもしれません。

    • 2018/09/23Posted by ブクログ

      シリーズ4冊目。

      相変わらず、「あちら側」に引っ張り込まれる主人公。

      次は小野不由美さんの『営繕かるかや怪異譚』読みたいなー。

    セーフモード