新「育児の原理」あたたかい心を育てる 幼児編

完結

著者:内藤寿七郎 監修:小林登 編:アップリカ育児研究所

1,012円(税込)
1%獲得

10pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    “自我の芽が生まれ、心の傷跡が残りやすい1歳半頃から2歳半頃の心の育児は最も大切です”本書で内藤先生は繰り返し語られています。3歳、4歳と大きくなるにつれ、その時々の心の発達と体の成長を具体的にやさしく解説。しかり方やほめ方、しつけなど、保護者としてどのように子どもに接したらいいのか、その心構えを教えてくれる。子どもの自我が芽生える一歳半。嫉妬心の生まれる二歳児。きょうだいが生まれたとき。いつのまにか過保護になってしまう親とは。子どもの評価をどのようにしたらよいのか。トイレのしつけやしつけ全般についてなど、赤ちゃんから幼児へ変化する中で、お母さんとして大切にしたいことがたっぷりと書かれています。子育ての中で、該当する部分を拾い読みするだけですっと心が軽くなる。優しい文体で電子書籍化。時代にあわせ、仕事か育児か悩むお母さんへのメッセージも。年齢別育児のワンポイントアドバイス付き。本書は、ベビー用品の安心ブランドでもあり、育児・保育の研究機関であるアップリカ育児研究所が、育児の神様である内藤先生の数々の著作の中から、赤ちゃんとお母さんにとって本当に大切なことを編集した“育児のバイブル”です。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード