【最新刊】赤の王

ナルマーン年代記

3冊

廣嶋玲子

1,899円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    大砂漠の民の血を引くマハーン。炎を操る不思議な力をもつシャン。孤独な二人の少年は、固い友情で結ばれていた。だが、凶王サルジーンに蹂躙された砂漠の都ナルマーンにおける正当な王の復活を目指す男たちとの出会いが、二人の運命を変えた。マハーンこそが、ナルマーンの正当な王家の末裔だというのだ。そのときからマハーンは王となるべく、そしてシャンは王に仕える魔法使いとなるべく、厳しい修行の日々が始まった。果たして少年たちは、凶王を討ち果たすことができるのか? 『青の王』『白の王』に続くナルマーン年代記第3弾。

    続きを読む
    提供開始日
    2020/02/13
    出版社
    東京創元社
    ジャンル
    文芸
    • ナルマーン年代記 全 3 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      ナルマーン年代記 全 3 巻

      5,564円(税込)
      55pt獲得

    レビュー

    3.8
    23
    5
    5
    4
    11
    3
    5
    2
    2
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2020/03/25Posted by ブクログ

      読み終わってしまった……。
      全てがこのお話につながっていたんだなぁ。白の王を読んですぐ赤の王を読んだこともあり、彼らの最後には涙が浮かんでしまった…
      一度の過ちから、一気に転がり落ちるように変わってし...

      続きを読む
    • 2020/03/24Posted by ブクログ

      めちゃくちゃ好きだ、このシリーズ。ファンタジーの中でも冒険ファンタジーが大好きなのでほんと好き!
      青の王の数十年後の世界。世界観も広がる景色も魔族含めた他種属も人も、みんなが生きていた。アイシャはとて...

      続きを読む
    • 2020/03/21Posted by ブクログ

      面白かったー。彼ら彼女らの謎がなんなのかとわくわくして、青の王とはなにかがわかってからはほんとにたのしかった。幸いの虫…ムカつくけどちゃんと意味があるのね…!終わりもとてもすっきり。
      白の王、赤の王も...

      続きを読む
    開く

    セーフモード