冬雷

著:遠田潤子

1,731円(税込)
1%獲得

17pt(1%)内訳を見る

    大阪で鷹匠として働く夏目代助。ある日彼の元に訃報が届く。12年前に行方不明になった幼い義弟・翔一郎が、遺体で発見されたと。孤児だった代助は、日本海沿いの魚ノ宮町(おのみやまち)の名家・千田家の跡継ぎとして引き取られた。初めての家族や、千田家と共に町を守る鷹櫛神社の巫女・真琴という恋人ができ、幸せに暮らしていた。しかし義弟の失踪が原因で、家族に拒絶され、真琴と引き裂かれ、町を出て行くことになったのだ。葬儀に出ようと故郷に戻った代助は、町の人々の冷たい仕打ちに耐えながら、事件の真相を探るが……。『雪の鉄樹』で最注目の新鋭が濃密な人間ドラマを描く、最高傑作!

    続きを読む

    レビュー

    3.7
    23
    5
    4
    4
    10
    3
    9
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • ネタバレ
      2019/05/31Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2019/01/04Posted by ブクログ

      人生を大きく狂わせることになった義弟の失踪から12年、その死体が発見された知らせに弔いのために主人公は町へ戻る。冷たい仕打ちを受けながら、彼は当時の幸福と絶望を思い起こしていく……閉鎖的な環境でさびれ...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2018/09/23Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く

    セーフモード