果断の桜 沼里藩留守居役忠勤控

著者:鈴木英治

704円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

    留守居役の深貝文太郎は、5年経った今も妻を殺した下手人を追っている。ある日、膳奉行の彦兵衛が横領を悔い自裁した。殿からその真相を探るよう命じられた文太郎は、思わぬ事件に遭遇し――。

    続きを読む

    レビュー

    3
    1
    5
    0
    4
    0
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2017/11/20Posted by ブクログ

      第二弾
      妻を殺されてから5年後、道場仲間の賄頭が公金横領を告発、自裁
      半月後留守居役の同輩が乱心?通行人を殺戮?
      背景を探り、恩になった賄頭の仇討ちと判明、藩の立場を守ったが新たに刺客に襲われ妻を殺さ...

      続きを読む

    セーフモード