ミッション建国

著者:楡周平

924円(税込)
1%獲得

9pt(1%)内訳を見る

    若き青年局長の甲斐孝輔は、日本の最大の問題は少子化だと考えていた。若い官僚や政治家と組んで勉強会を立ち上げた甲斐だったが、大御所から横やりが入り……。日本の将来を見据え未来に光を灯す政治小説。

    続きを読む

    レビュー

    3.6
    3
    5
    0
    4
    2
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/07/06Posted by ブクログ

      20190703


      この国の将来を本気で考えるなら、本書のテーマのように実効性のある少子化対策に取り組むべき。

      目先の選挙の事しか考えない日本の政治家にも読んで欲しい。

      いっその事、楡さんが国会...

      続きを読む
    • 2017/07/30Posted by ブクログ

      堺屋の『油断』を読んだときのようなインパクトがある。少子高齢化と破綻寸前の財政を抱える日本に、尖閣の問題、北朝鮮の暴発などが重なったらどうなるのか。今、手を打てること、手を打つべきことは何か、を考えさ...

      続きを読む
    • 2017/05/03Posted by ブクログ

      201704/政策提言小説。決して小説の世界だけの話ではない、今の日本が直面している少子化問題に立ち向かう主人公。面白かったけど、現実には甲斐や神野のような人はいない…いや、まず我々のそういう意識から...

      続きを読む

    セーフモード