新しい図書館の使い方~こうすれば、楽しみながら図書館にずっと通い続けられる!~

佐賀裕司/MBビジネス研究班

328円(税込)
1%獲得

3pt(1%)内訳を見る

    説明文さっと読めるミニ書籍です(文章量20,000文字以上 24,000文字未満(20分で読めるシリーズ)=紙の書籍の40ページ程度)【書籍説明】「図書館」と聞いて皆さんは、どのようなイメージが湧くでしょうか?何かお堅い書物がいっぱい並んでいる・・・情報が沢山あふれている・・・とても静かな場所・・・なにか退屈な場所・・・いろいろ出て来ることと思います。ですが最近の人があまり図書館を利用しなくなったのは事実で、たとえばインターネットが普及し始めた頃(1980年代)と比べて現代では、実に「図書館を利用する人」は約半数以下に減っています。これは「図書館へ行くことの魅力が減っている」という言葉にそのまま置き換えられるかも知れません。つまり、「わざわざ図書館へ行っていったい自分にどんなメリットがあるの?」といった個人的な疑問が、このユビキタスを実現しているような現代では膨らんでくるわけです。「図書館の魅力」と聞かれて、どれほどの人が即答できるでしょう?もちろん「図書館へのイメージ」が人それぞれで違うのと同様に、「図書館が自分にもたらすメリット」も違ってくるでしょう。現代において恐らく図書館が必要とするものは、インターネットの効力を超えた魅力です。その「魅力」は果してあるのか、その「潜在する魅力」を掘り起こしましょう!【目次】まず図書館の現状を知ることが大切インターネットに負けないための図書館の躍進図書館へのイメージの持ち方図書館ならではの実体験!図書館にある様々な知的空… 以上まえがきより抜粋

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード