死刑のための殺人―土浦連続通り魔事件・死刑囚の記録―(新潮文庫)

読売新聞水戸支局取材班

594円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

    確実に死ぬには死刑が一番だ。できるだけ多くの人を殺そう――。2008年茨城県土浦市で9人を殺傷した金川真大。「完全勝利」と言い残し2013年絞首刑に。享年29。「殺人は悪じゃない」と嘯き、ひたすら死刑を求めた男。死は彼の望み通りと分かっていても尚、極刑を願う遺族の苦悩。面会を重ね、葛藤する記者たち。何が彼を凶悪犯罪に走らせたか。死刑制度の意味を問う驚愕のドキュメント。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード