やめるときも、すこやかなるときも

窪 美澄

1,584円(税込)
1%獲得

15pt(1%)内訳を見る

    家具職人の壱晴は毎年十二月の数日間、声が出なくなる。過去のトラウマによるものだが、原因は隠して生きてきた。制作会社勤務の桜子は困窮する実家を経済的に支えていて、恋と縁遠い。欠けた心を抱えたふたりの出会いの行方とは。変化し続ける人生のなかで、他者と共に生きることの温かみに触れる長編小説。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード