スペインうやむや日記

堀越千秋

605円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    スペイン在住四半世紀。フラメンコのカンテ(唄)に魅せられ、自らも唄い手となった画家が、アンダルシアのヒターノたちとの交流や、マドリードの夜の闇から見つめる本当のスペインの姿。真の国際人にして自由人たる、われらがホリコシ画伯が西洋コンプレックスの日本を笑い飛ばす、辛口の傑作エッセイ。「おフランス」ではない、正真正銘のヨーロッパを知るための必読の書。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード