子育ては言葉の教育から 幼児教育で忘れてはならない39章

著:外山滋比古

510円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

    ことばなんて、こどもは放っておいても覚えられるわと思っているお母さん。それなのに、文字を教えてくれる幼稚園にはいち早くこどもを入れたがるお母さん。ちょっと待ってください。大切なお子さんの、最初のことばの先生はお母さん、あなたです。人間は言葉で考えます。どんな子に育つかは、ことばの教育で決まるのです。「少子社会」の今、正しい幼児教育の重要性を説く子育ての必読書。

    続きを読む

    レビュー

    3.3
    6
    5
    0
    4
    3
    3
    2
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/10/14Posted by ブクログ

      幼児教育は西高東低・・・。関西に住んでいる私としては、なんとなく納得できない感じで話が進んでいきます。
      社会環境の変化の中で、難しくなってきている「話すこと」、「聞くこと」の大切さを再認識させる本でし...

      続きを読む
    • 2013/02/23Posted by ブクログ

      大学入試の小論文対策で
      読みました。

      初版が1984年発行だっけ…。
      わたしが生まれる10年も前だし
      今からは28年も前。
      だけど現代にも通じるような
      ことばかり。

    • 2013/01/03Posted by ブクログ

      ミルキーウェイ文庫爆読中♪

      少々、女性に対して期待し過ぎなきらいはあるが
      「人間は、ことに女性はすべて、素晴らしい芸術家になることが出来ます。子どもの心にどういう絵を描くかという芸術です。額縁に入っ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード