「帝王学」がやさしく学べるノート

プレジデント書籍編集部/伊藤肇

1,430円(税込)
1%獲得

14pt(1%)内訳を見る

    累計20万部のロングセラー『現代の帝王学』がわかりやすく読める!真のリーダーを目指すすべての人へよく耳にする「帝王学」とは、どのようなものを意味するのでしょうか。リーダーの条件を問うてきた評論家の伊藤肇は自ら著した『現代の帝王学』において、「帝王学」とは「権力の学問」であり、「エリートの人間学」だと述べています。人を組織し、党をつくり、会社を運営し、自ら権力を握って、これを自他のために役立てる……これが政治であり経営です。だからこそ志のある者なら、「権力」を握らなければ目指す目標を達成することはできません。一方で、権力ほど人を堕落させるものもありません。よく世間でいわれるように「権力は腐敗する」ものなのです。本書は、安岡正篤の「帝王学の基本」にある章立てのような3本の柱からなっており、さまざまな具体的な歴史の事実を積み重ね、それらを実証し、体系立てたものとなっています。よきリーダー、指導者たらんとする人に読んでいただくことで、未来を切り開く指標・指南書になれば、それにまさる喜びはありません。【著者紹介】伊藤肇(いとう・はじめ)1926年名古屋生まれ。旧満州国立建国大学七期生。中部経済新聞記者。雑誌『財界』副主幹を経て評論家となる。1980年逝去。主な著書に『一言よく人を生かす』(生産性本部)、『伊藤肇の人間対談』(経済往来社)、『男からみた男の魅力』(産業能率短大出版部)、『経営者をささえる一言』(地方銀行協会)、『喜怒哀楽の人間学』(PHP研究所)、『十八史略の人物学』(プレジデント社)ほかがある。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード