人工知能の核心

羽生善治(著)/NHKスペシャル取材班(著)

770円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

    二〇一六年三月、人工知能の囲碁プログラム「アルファ碁」が世界ランクの棋士を破った。羽生善治は、その勝利の要因を、「人工知能が、人間と同じ“引き算”の思考を始めた」とする。もはや人間は人工知能に勝てないのか。しかし、そもそも勝たなくてはいけないのか─。NHKスペシャル『天使か悪魔か─』の取材をもとに、その先を描く。天才棋士が人工知能と真正面から向き合い、その核心に迫る、“人工知能本”の決定版。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード