北国抄

50%OFF

著者:原田康子

528円264円(税込)
1%獲得

2pt(1%)内訳を見る

    ようやく雪が消えて、海辺の崖の上の日だまりに桜草が芽を出すと、釧路の海霧のシーズンである。冬はひたすら寒い北国の自然の中で、季節のうつりかわりに敏感に反応する著者の詩。雪、湿原、石狩連峰の稜線の美しさ、針葉樹林などの自然の息吹や人間のいとなみを、洗練された文体で謳い上げる。エキゾチックな北海道の大自然を舞台に、小悪魔的なヒロイン・怜子が活躍するベストセラー『挽歌』の著者、初めてのエッセイ集。

    続きを読む

    レビュー

    3
    1
    5
    0
    4
    0
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2007/09/19Posted by ブクログ

      随筆集。明治時代、原田家は当時、北海道の代表的な豪商であった。原田家の邸宅兼住居は「とんけし御殿」と呼ばれ、銅葺きの屋根にモザイクの床、欄間や襖等その豪華な作りは城のようであったといわれるが昭和恐慌の...

      続きを読む

    セーフモード