【最新刊】天皇125代と日本の歴史

天皇125代と日本の歴史

山本博文

946円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    天皇の退位を巡る議論が有識者会議で行われ、天皇の地位や権限、譲位や後継者について国民の関心が集まっている。本書は、神武天皇から今上天皇まで日本の天皇125代を振り返る、東京大学史料編纂所の名物教授による画期的天皇史である。天皇を知れば、日本史がわかる。国家が見える。生前退位を知るためにも今、押さえておきたい一冊。

    続きを読む
    提供開始日
    2017/04/21
    連載誌/レーベル
    光文社新書
    出版社
    光文社
    ジャンル
    学術・学芸

    レビュー

    • 2020/06/24Posted by ブクログ

      改元に際して、読んでみました。
      角川のマンガ『日本の歴史』を監修している山本氏の著書なので、平安時代などはマンガと連動させた読み方が出来つつ、太上天皇が「上皇」、摂政と関白の違いなど天皇制度にかかわる...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2020/06/24Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2020/06/24Posted by ブクログ

      仁徳天皇をはじめ歴代の天皇の歴史を紐解く一冊
      百舌鳥古墳群には仁徳天皇のみならず応神天皇、履中天皇などの陵も。
      ぜひ歴史を紐解きましょう。

    セーフモード