大間違いのアメリカ合衆国

著:倉山満

976円(税込)
1%獲得

9pt(1%)内訳を見る

    ◆友情・敵対・隷属! 日米150年の真実!◆日米戦争は、双方の保守派の敗北だった!!トランプ大統領に備えろ!日本の自主独立のためのアメリカ史◆日本が生き残るための方法とは!!◎実に幼稚な、アメリカ陰謀論の系譜◎「ユダヤが解ると世界が見えてくる」と信じていた頃◎陰謀論への対処は幕末の志士たちに学べ◎アメリカは織田信長で止まっている国!!◎副大統領──人類が作った最も不要な職◎選挙の流れ──田中角栄などクリーンな政治家◎覇権国家アメリカの国益とは何か!?◎トランプはなぜ台頭したのか◎ウィーク・ジャパン・ポリシー派とストロング・ジャパン・ポリシー派◎正気を保ったか?国益は守ったか?世界への貢献度は?で歴代アメリカ大統領を採点

    続きを読む

    レビュー

    4
    5
    5
    1
    4
    3
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/01/03Posted by ブクログ

      相変わらずバッサバッサと。
      アメリカという国になんとなく抱いていたものを、字にしてもらった感じ。日本の政権との関わりはよくわからないけども。そこも勉強したほうがいいのかもしれない。

      面白いな。

    • 2017/01/01Posted by ブクログ

      新しい年になりました。今年は良い年になって欲しいという気持ちに偽りはありませんが、今年は大きく変わる年になるだろうなと予想できます。その最も大きな要因となるのは、あと3週間ほどで、アメリカに今までとは...

      続きを読む
    • 2016/11/23Posted by ブクログ

      トランプが勝利した時期、ちょうどいい本に出合いました(笑)。
      気に入ったところを一部紹介。
      ・史料の選び方が示威的で、史料を写しているだけの学生の卒論のようなものが日本で一番の研究になっているのが日本...

      続きを読む
    開く

    セーフモード