怒らない、落ち込まない、迷わない 苦を乗り越える宿題

著:アルボムッレ・スマナサーラ

968円(税込)
1%獲得

9pt(1%)内訳を見る

    来日37年、日本に真の釈迦の教えを伝えた老師。あなたにできることだけが、あなたの前にやってくるちっぽけな自分を楽しむ1980年に来日し、40年近くにわたり日本に真の釈迦の教えを伝え続ける老師が、人生に降りかかる苦難を乗り越える方法を伝授。大切な人を失ったら……、自らの死を受け入れるには……、邪悪な心が芽生えたら……、怒りを手放すには……、どうすればいいのだろうか。(もくじ)第1章 いま、ここで輝く●遺された人が故人のためにできること●後悔は人生を後退させ、懺悔は前に進む力になる●自我は錯覚、変わらない「私」などない ほか第2章 ありのままに見る●死を受け入れるためにはどうしたらいいのか●生きることに意味も目的もない●仏教は昔から男女平等を貫いている ほか第3章 自分の宿題をやろう●何が不幸で、何が幸せかを見極める●親は、「命を与えた人」と定義される●子どもの宿題、親の宿題、先生の宿題 ほか第4章 感情に振り回されない●「さようなら。幸せになりなさい」が親の愛●「自信がある」も「自信がない」も根は同じ●他人の過ちを赦せない人が多すぎる ほか

    続きを読む

    レビュー

    4
    2
    5
    0
    4
    2
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/06/02Posted by ブクログ

      自信があるもないも根は同じ。
      自分がちっぽけな存在だという事実を受け入れて、楽しみましょう。ということに救われた。
      ただ、すぐには治らないなぁ、心配性は。


      来日37年、日本に真の釈迦の教えを伝えた...

      続きを読む
    • 2019/03/07Posted by ブクログ

      老化はただの変化にすぎず、
      不幸な出来事でもなんでもありません。

      であれば、「そんなものだ」と
      受け入れるほかないでしょう。

      (アルボムッレ・スマナサーラ/テーラワーダ仏教長老
      『怒らない、落ち込...

      続きを読む

    セーフモード