ディリュージョン社の提供でお送りします

はやみねかおる

777円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

物語を現実世界で体験できる新しいエンターテインメント「メタブック」を提供する会社――ディリュージョン社で働く新人エディターの森永美月(もりながみつき)と、天才作家と名高い手塚和志(てづかかずし)。突如舞い込んだ「不可能犯罪小説を体験したい」という厄介な依頼に、完璧な台本と舞台を用意する二人。しかし怪しい手紙や殺意ある事件、と不測の事態が続き……。リアル殺人鬼が登場人物の中にいる!?

続きを読む

レビュー

3.5
13
5
3
4
2
3
7
2
1
1
0
レビュー投稿
  • 2019/01/25Posted by ブクログ

    物語を実際の世界で体験させるディリュージョン社に就職したのは良かったが、小説を全く読まないため、エディタになったは良いものの、なかなか仕事が上手くいかない。
    そんな時、ある顧客の要望を叶えることになっ...

    続きを読む
  • 2018/11/11Posted by ブクログ

    幼い頃に青い鳥文庫のはやみねかおるで育った大人のための、ライトなミステリ。
    まさにあの頃楽しんだテンポに懐かしくなるうえ、読書と無縁で生きてきた主人公からたびたびツッコまれる「ミステリあるある」にはつ...

    続きを読む
  • 2018/11/01Posted by ブクログ

    ディスられても苦笑して逆にちょっと嬉しくなってしまうミステリマニアのさがってば。まあ、変態ですね(褒め言葉)。二重構造はきれいに決まると気持ちがいい。次巻も読んでみたい。

開く

セーフモード