新版 平家物語 (三) 全訳注

杉本圭三郎

1,870円(税込)
1%獲得

18pt(1%)内訳を見る

この作品はブラウザでは読めません。アプリでお楽しみください

    「おごれる人も久しからず」――勢いづく木曾義仲の前に、平家は僅か二十余年の栄華の末、都落ちを余儀なくされる。九州から瀬戸内へ落ち延びながら雪辱を期するも、源義経等の攻勢に一族は次々に無念の最期をむかえ――。宇治川の先陣、鵯越の坂落などおなじみの名場面の連続で、平氏転落の加速を格調高く語ってゆく。講談社学術文庫『平家物語』全12巻を4冊にまとめ、新版として刊行。第三巻は巻第七から第九までを収録。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード