新版 平家物語 (一) 全訳注

杉本圭三郎

2,035円(税込)
1%獲得

20pt(1%)内訳を見る

この作品はブラウザでは読めません。アプリでお楽しみください

    「おごれる人も久しからず」――権力を握った平清盛の専横は、平氏一門の運命を栄華の座から滅亡へと転回させる。院庁と山門の紛争、天台座主明雲の流罪、鹿ヶ谷の謀議。清盛激怒の末の鬼界が島への流罪と、俊寛の客死。さらに後白河法皇鳥羽離宮幽閉などなど、物語序盤にして時代は末期的様相を呈する。かつて刊行された講談社学術文庫『平家物語』全12巻を4冊にまとめ、新版として刊行。第一巻は巻第一から第三までを収録。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード