アーネスト・サトウの明治日本山岳記

アーネスト・メイスン・サトウ 訳:庄田元男

990円(税込)
1%獲得

9pt(1%)内訳を見る

    アーネスト・サトウの名は、幕末明治の日本に訪れたイギリスの外交官として知られている。しかしサトウが、日本の「近代登山の幕開け」に大きく寄与したことを知る人は案外少ない。本書は、サトウの登山家としての著作を抜粋・編集。富士山、日本アルプス、日光と尾瀬、吉野と熊野。描かれる明治の登山道は、現在はすでに廃れて使われなくなっていたり、逆に今もそのままの景色が読み取れるなど、興味をそそる。詳細な地図も掲載。

    続きを読む

    レビュー

    3.5
    2
    5
    0
    4
    1
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • ネタバレ
      2018/11/10Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • ネタバレ
      2017/04/12Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています

    セーフモード