見破り同心 天霧三之助

著:誉田龍一

770円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

    質屋の三浦屋六兵衛が、離れで出刃包丁により惨殺された。三浦屋にとっては、娘の佐代が旗本の惣領との婚礼を間近に控えた折の惨事だった。南町奉行所臨時廻り同心、天霧三之助は探索に乗り出す。六兵衛の遺体の不自然さに気づいた三之助は、下手人像を絞り込み、追い込んでいく。だがそんなさなかに、六兵衛が死んだ同じ離れで第二の刺殺事件が起きた。長篇時代ミステリー。

    続きを読む

    レビュー

    3
    2
    5
    0
    4
    0
    3
    2
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/03/18Posted by ブクログ

      初めに犯行シーンがあり犯人が分かった状態で話が展開していくのはコロンボのようだと思いました。軽いテンポで読み易いですし、三之助の飄々とした態度もまたコロンボが犯人を追いつめていくさまに似てますね。

    • 2017/05/18Posted by ブクログ

      剣術の腕前はすごいが推理が苦手な同心、結城栄二郎と、腕っぷしはからっきしで頼りなさそうな馬面の同心、天霧三之助による、江戸の事件の謎解き。
      テンポよく謎解きがされて、楽しく読めました。
      欲を言えば、栄...

      続きを読む

    セーフモード