明治あやかし新聞 二 怠惰な記者の裏稼業

著者:さとみ桜

671円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    日がな一日サロンで惰眠を貪る日陽新聞社の記者・久馬と、役者崩れの妖美な男・艶煙。とある事件が切っ掛けで知り合った香澄は、彼らが行っている“妖怪記事によって人助けをする”という裏稼業を手伝う事となった。しかし、真実を知らない兄の主計は彼らと行動を共にする事を快く思っておらず「仕事を辞めろ」と言い、さらには同僚との見合いの席を設けてしまい――!? 香澄の恋も動き出す、大人気明治あやかし物語第二弾! 「産女の怪」「のっぺらぼうの怪」「河童の怪」三編を収録。

    続きを読む

    レビュー

    4
    1
    5
    0
    4
    1
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/09/26Posted by ブクログ

      「産女の怪」
      自分が捨てた女と子供。
      既婚者とはいえど節度を持って遊び歩くのは勝手だが、真実は置いておいて自分の子を身篭ったという女を突き落とすなんて非道過ぎるな。
      彼女の兄が心配するのも分からなくは...

      続きを読む
    • 2018/01/06Posted by ブクログ

      お転婆娘をからかいつつ見守る大人たちとの関係をニヤニヤしながら読むライトな小説。単純に楽しい。お兄さんもそりゃ心配でしょう…。

    セーフモード