【最新刊】明治あやかし新聞 三 怠惰な記者の裏稼業

明治あやかし新聞

3冊

著者:さとみ桜

715円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    新聞社の記者・久馬と役者崩れの妖美な男・艶煙の裏稼業を手伝う香澄。 皆で酉の市に出かけると、久馬と艶煙の昔馴染と遭遇する。彼は艶煙 に「まだあの男を探しているのですか?」と、意味深長な言葉を残し――

    続きを読む
    提供開始日
    2018/04/24
    連載誌/レーベル
    メディアワークス文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    文芸
    • 明治あやかし新聞 全 3 巻

      未購入巻をまとめて購入

      明治あやかし新聞 全 3 巻

      2,079円(税込)
      20pt獲得

    レビュー

    3.3
    8
    5
    0
    4
    3
    3
    5
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/12/31Posted by ブクログ

      ・トラブルを妖怪のせいにしておさめてしまう一団の話、第二弾。絶対城先輩のときにも同じこと書いたなあ。それが妖怪の用途ってことか。
      ・今回は、産女、のっぺらぼう、河童。
      ・女たらしの役人をこらしめる。
      ...

      続きを読む
    • 2019/11/25Posted by ブクログ

      【内容】トラブルを妖怪のせいにして解決する連中のお話。件、髪の妖怪、ゾンビ、神隠し。
      【感想】こいつらいつかホンマモンの妖怪にお仕置きされるんとちゃう?それから、久馬はんは特に「怠惰」って感じじゃない...

      続きを読む
    • 2019/10/11Posted by ブクログ

      「雲外鏡の怪」
      鏡を通じて会いに来るは。
      彼女は演じていたのだろうが心の何処かで彼女も母親に会いたかったろうし話したかったろうからこそ、演技に見えなかったのかもな。
      不幸があまりにも大き過ぎた場合、自...

      続きを読む
    開く

    セーフモード