南アルプス山岳救助隊K-9 レスキュードッグ・ストーリーズ

著:樋口明雄

1,232円(税込)
1%獲得

12pt(1%)内訳を見る

    日本第2位の高峰、北岳を舞台に山岳救助隊と山岳救助犬が駆ける!『山と溪谷』にて好評連載された、南アルプス山岳救助隊と救助犬の活躍を描く本格山岳小説短篇集。南アルプス北岳の白根御池小屋に山岳救助隊が常駐し、日本唯一の山岳救助犬が存在したら――。妻と別れた男が滑落して骨折。携帯電話が通じず救助要請もできないまま寒い夜を迎え――「遺書」。北岳登頂56回をめざす77歳の老人。しかし悲願達成当日に遭難者を見つけてしまう――「山の嫌われ者」。『約束の地』の環境省ワイルドライフ・パトロール(WLP)シリーズとのコラボレーション――「北岳ライチョウ異聞」。老犬カムイはK-9チームリーダー進藤のかけがえのないパートナー――「相棒(バディ)」。山岳救助、犬との交流、ライチョウ問題のほか、「南アルプス山岳救助隊K-9」シリーズの転換点となる「相棒(バディ)」、単行本未収録作品「夏のおわりに」を含むバラエティあふれた全12編を収録。

    続きを読む

    レビュー

    3.6
    5
    5
    0
    4
    3
    3
    2
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2017/11/18Posted by ブクログ

      発売順から言うと、今作の方が先のようだけど、「白い標的」から読んでしまった。
      今作は12篇からなる短編集。
      短編だと、サスペンスの様相が減るから、従来の山岳救助隊の様子が描かれる。
      どの作品もいいが、...

      続きを読む
    • 2017/07/03Posted by ブクログ

       ん~、星野さんが自信の表れなのか、嫌なキャラになってませんか?・・・と、思いながら読んでいたら、やられました、進藤さんとカムイに。進藤さんとカムイがやっとクローズアップされたと思ったのに!!

    • ネタバレ
      2017/06/22Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く

    セーフモード