自治体経営リスクと政策再生

編著:宮脇淳 著:佐々木央 著:東宣行 著:若生幸也

3,300円(税込)
1%獲得

33pt(1%)内訳を見る

    地方自治体は少子高齢化、グローバル化、IT化への対応を迫られる一方で、右肩上がりの時代には見過ごされてきた債務やリスクが顕在化しつつある。本書はそうした環境にある自治体が組織を改革し、政策・施策・事務事業の再生を実現するための道筋を提示する。計画策定・行政評価などのPDCAサイクルの確立、計画の実効性を高めるマネジメント、組織間の連携効果を高める情報の管理・活用、公営事業の経営などを実践的な視点で解説。

    続きを読む

    レビュー

    4
    1
    5
    0
    4
    1
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • ネタバレ
      2018/06/12Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2017/05/31Posted by ブクログ

      人口減少・少子高齢化・グローバル化・情報化などの社会経済環境の変化により、自治体経営は大きな変化を迫られています。自治体を取り巻く経営環境が悪化するとともに、財政難や職員数の減少に伴い、自治体経営の現...

      続きを読む

    セーフモード